摂食嚥下リハ

摂食嚥下障害の方への訪問診療もおこなっております。

摂食嚥下障害とは

摂食・嚥下障害とは、口から食べる機能の障害のことです。

私たちは普段、意識はしていませんが、食べ物を目やにおいで認識し、口まで運び、口の中に入れて噛み、ゴックンと飲み込むことで、食物や液体を摂取しています。これを接触・嚥下といいます。接触嚥下障害とは、この人間としての日常に必要不可欠な機能に支障をきたすことをいいます。

 

よくある症状としては、下記があげられます。

・口や舌がうまく動かない
・食事中よくむせる

・のどに残留感がある

・食事の時間が長くなった
・量が食べられなくなってきた  

 

 

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は、日本人の死亡原因第三位のとても多い病気です

高齢者の肺炎の70%以上が、誤嚥に関係している、いわゆる誤嚥性肺炎です。

誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に、肺に流れ込んでしまった際に生じる肺炎です。

再発を繰り返すという特徴があり、それにより耐性菌が発生してしまい、抗菌薬治療に抵抗性をもつ場合があります。

そのため、優れた抗菌薬治療が開発されている現在でも治療困難な場合も多く、高齢者の死亡原因となっているのが現状です。

 

お口の筋力の低下や汚れにより、肺炎への可能性を非常に高くしてしまいます。

そのため、定期的な歯科検診やクリーニングを受診いただくことを推奨しております。

 

誤嚥性肺炎を予防するには

予防のためには、「日々の口腔ケア」と「口腔リハビリ」がもっとも重要です。

その他、「栄養をとること」「体力をつけること」も大切となってきます。

side_inq.png