安全・きれい・長持ちするインプラント

「安全」「きれい」「長持ち」どれが欠けても、成功とはいえません。

院長の下田は、アジア口腔インプラント学会認定医、ノーベルバイオケア公認インストラクターを務め、長年口腔外科に携わってまいりました。これまで培った技術と知識をもとに、丁寧な治療を提供し続けます。

「きれい」のために

素材にこだわり、細部にこだわる

数あるインプラントの中から、厳選したものだけを採用しております。1本1本の歯の色と形には細部までこだわり、患者さまのお口元に調和したものをおつくりします。

カスタムメイドのアバットメント

カスタムメイドのアバットメントで、歯肉の形状によりフィットした美しい上部構造を設置することができます。お手入れがしやすく、インプラント周囲炎の予防になります。

「安全」のために

CTとセレックの性能を活用した、デジタルを用いた診断

CTで撮影した顎の骨の画像と、セレックがデザインした治療後の口腔内画像を合成することで、精密なシミュレーションを行うことができます。骨と歯肉が「どういった状態」にあり、インプラントを「どう埋入すべきか」が分かります。
両機器の性能をフル活用した、安全なインプラント治療が行えます。

ガイデッドサージェリーの使用

シミュレーションデータをもとに「ガイデッドサージェリー」(ノーベルガイド)を作製し、インプラント埋入時の位置、角度、深さのズレを限りなくゼロに近づけます。手術時間の短縮、患者さまのご負担軽減につながります。

※ガイデッドサージェリーとは
シミュレーション通りの埋入をサポートする装置。埋入の位置と角度をより確かなものとします。ストッパー付きで、深さを間違えることもありません。

患者さまごとにリセット「徹底した衛生管理」

「長持ち」のために



    

インプラント周囲炎の予防

インプラントの長持ちを邪魔する「インプラント周囲炎」をご存じでしょうか。歯周病と同じような症状が現れ、最終的にはインプラントを脱落させてしまいます。
周囲炎予防のため、当院は「お手入れのしやすいインプラント」を提供しております。上部構造(歯冠部分)とインプラント体(人工歯根)とをつなぐ「アバットメント」に、既製品ではなくカスタムメイドのものを使用します。上部構造と歯肉がより自然な形でフィットし、お手入れがしやすくなります。

患者さまに合ったメインテナンスの提案

インプラントは、あくまで技工物です。毎日のブラッシングに加えて、定期的な通院・メインテナンスが欠かせません。
長く快適にインプラントを使用していただくため、患者さまに合ったメインテナンスを提案します。
※インプラント埋入後、病気や怪我等で通院が難しくなった方には、訪問歯科で対応させていただきます。

よくあるご質問

Q

どのくらい噛めるようになりますか?

A

インプラントは、顎の骨にしっかりと支えられています。健康な天然歯と同じように噛むことができます。

Q

インプラントの手術は、痛いのでしょうか?

A

麻酔下で行いますので、痛みはありません。
当院では、長年大学病院で麻酔科を行っていた院長による、痛くない・こわくない無痛治療(笑気吸入鎮静法、静脈内鎮静法)を取り入れておりますので、そちらもご参照ください。

Q

骨の量が足りないと、インプラントはあきらめるしかないですか?

A

骨の量や厚みが足りない、という方のための外科処置にも対応しております。
・骨の再生を促す「GBR法」
・骨の厚みを部分的に取り戻す「ソケットリフト」「サイナスリフト」
・骨に隙間をつくり、そこへインプラントを埋める「スプリットクレスト」
必ずインプラントができるようになるとはいい切れませんが、あきらめる前に、一度ご相談ください。

Q

できるだけ身体に負担をかけたくないのですが…

A

痛みと出血がほとんどない「無切開インプラント」という方法があります。メスによる切開ではなく、歯肉に小さな穴を開けて埋入するインプラント治療です。治癒期間も短縮されます。
また、天然歯の抜歯とインプラントの埋入を同じ日に行う「抜歯即時埋入インプラント」という方法もあります。手術が1回で済みますので、身体への負担が軽減されます。
※どちらも非常に高度な技術が必要とされますが、当院ではしっかりと対応できる準備を整えております。

Q

総入れ歯を使用していますが、インプラントに興味があります。すべての歯をインプラントにすることになりますか?

A

全歯をインプラントにというのは、心身への負担もご心配かと思います。費用も高額となります。
総入れ歯を使用されている方、また多くの歯を失ってしまった方には、All-on-4(オールオンフォー)をお勧めします。
最低4本のインプラントで全歯を支えることができます。治療期間が短く、費用も抑えられます。埋入手術直後に仮歯を装着(翌日になることもあります)しますので、その日のうちに食事ができます。

Q

上記以外に、インプラントを使った治療は行っていますか?

A

院長の下田は、口腔外科を専門としております。
総入れ歯を固定するための「ミニインプラント」、インプラントを支点として大きく歯を動かせる「インプラント矯正」と幅広く対応することができます。
また、インプラント以外の口腔外科――親知らずの抜歯、お口周りのできものや外傷への治療も得意としております。

side_inq.png