オフィシャルブログ

2018.06.07更新

 

梅雨の時期になり、ジメジメと暑い日が続きますねrain

汗ばむ季節がやってくるので熱中症には気をつけたいところです!un汗

この季節、水分を摂取することが多くなってくると思います。

水分を摂取してもお口の中がいつも乾燥している感じがする・粘膜や舌の痛み・味覚異常など、これらは口腔乾燥症が考えられます。

一般的にドライマウスとも呼ばれ、口腔粘膜の乾燥により様々な症状を引き起こしている状態を言いますbibibi

唾液分泌が正常であっても口腔乾燥症は生じ、服薬によるもの・口腔機能の低下・シェーグレン症候群など全身疾患によるもの・ストレスなどが原因として挙げられます。

あと水分の摂り過ぎが口腔乾燥症に対して逆効果になる事も?!ganexplosion

過剰な水分摂取は体内の水分過剰をきたし、足がむくんだり鼻粘膜の浮腫が起こると鼻呼吸しにくくなり

口呼吸が夜間の口腔乾燥につながります。

さらに水分調整機能をも低下させ、唾液分泌量の低下をきたすことも多いのです。

正常範囲内で水分摂取することが大切で、水分を摂ってもお口の中が乾く場合は逆効果なのですmagnifier

さて、口腔乾燥症にはどう対応すれば良いのでしょうか?!glitter

唾液腺マッサージ、保湿剤やキシリトールガムの使用、唾液腺の障害を判定する唾液テストなど様々な方法があります。

口腔ケアは単なる“口の中のお掃除”だけでなく、口腔内のマッサージにより血流を促進し唾液腺を刺激することにより口腔内環境を整え、口腔機能の維持や回復をサポートしますleaf

当院では様々な物品も取り揃えており、実際に体験して頂きながらご自身に合ったケア方法を一緒に見つけていく事が出来ますのでいつでもご相談下さいniflower2

 

                                                                         歯科衛生士 田頭

投稿者: オパールデンタルクリニック

side_inq.png