オフィシャルブログ

2012.06.19更新

こんにちはnote
まだ梅雨の時期だというのに、台風がきていますねcoldsweats02
外出の際は、みなさんお気をつけてbearingrain



先週、6/13 (水)の診療後に院内セミナーがありました。
月1回行う院内セミナーpencilテーマは毎回様々で、今回は

○ 顎咬合学会報告
○ Dr齋藤による、矯正についての講義
  でしたsign01



歯が失われてしまう大きな原因として、ムシ歯・歯周病
そして『咬合』があげられます。

噛み合わせが悪いと、見た目はもちろんですが
 歯並びがガタガタで磨きにくい  → ムシ歯や歯周病
 奥歯に負担大の咬合  → 歯がグラグラに/顎にも負担が!
などの症状も現れますwobblyimpact



また子供の頃の『クセ』が原因で、
将来永久歯に生え変わってから悪い噛み合わせに
なってしまうこともあるんですcryingsweat01
例えば、指しゃぶり舌で歯を押すクセなど・・・dash

お子さんのいらっしゃるみなさん、普段からよく
お口の様子を観察してあげてくださいsign03

「なかなか歯が生え変わらないな」
「小学生になったのに、指しゃぶりがなおらない」
「大人の歯が生えるスペース、足りないんじゃ・・・」

些細なことでもかまいませんconfident
お子さんのお口のことで気になる事があれば、
ぜひ相談にいらっしゃって下さいhappy02sign03
オパールでは、矯正専門医への紹介も随時行っています。

「何歳になっても自分の歯でHAPPYに過ごせるshine
そのことを、改めて大切だと実感できたセミナーでしたnote

 助手・受付 宮崎 愛子

投稿者: オパールデンタルクリニック

2012.06.14更新

こんにちはshineshine
今日はカラッと晴れて、いいお天気ですねsun
急に夏日ですが、みなさん暑さ対策は万全ですかsign02



先日、6/10 (日)に東京国際フォーラムで
開催された "日本顎咬合学会学術大会" に、
谷垣、黒木、佐治、仲本が参加してきましたbearingpencil

  

"すこやかに噛む" ということをテーマにした
各方面のスペシャリストの先生方の貴重な講演に、
ふつふつとテンションが上がって参りましたupsign03

私たちは、患者さんがおいしく噛めるように、気持ちよく笑えて、
おしゃべりし、時には歌ったり、ふんばったり・・・
そんな何気ない幸せを何歳になっても感じていただけるように
支援させていただくサポーターであると思っています。


今年より日本顎咬合学会 認定歯科衛生士・歯科技工士制度が
スタートし、今回の学会受講が認定研修の第1ステップでした。

患者さんへの、最強のサポーターshineになれますよう、
新しい知識・スキルを勉強し、仲間と日々成長していきたいと思いますconfident

 歯科衛生士 黒木 愛


投稿者: オパールデンタルクリニック

2012.06.09更新

こんにちはnote
そろそろ梅雨の季節ですねrain


当院では、歯周病治療にも積極的に取り組んでいます。

最近ではCMなどでもよく耳にする『歯周病』dash
歯周病とは、進行すると歯を支える骨がとけて歯茎がやせたり、歯がグラついてきたりし、
最終的には歯が抜けてしまう病気ですwobblyimpact

歯周病の原因となる『歯周病菌』が血液中に入ると、
動脈硬化や脳卒中、早産などの症状も引き起こし、
お口の中だけでなく全身の健康にも大きな影響をおよぼしますthundersign03

また歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴でもありますsweat01
痛みや歯のグラつきなど、症状が出て歯医者さんに行くと、
「歯周病がかなり進行していますねweepdown
という状態になってしまっていた・・・shockということが非常に多いです。

歯周病予防、とても大切ですshine
症状が何もない方も、一度検診にいらっしゃいませんかhappy01sign02

 助手・受付 宮崎 愛子







投稿者: オパールデンタルクリニック

side_inq.png