審美歯科

「きれいだから」ではなく「歯と身体に優しいから」という基準で選ぶ

金属ではなく、オールセラミックをお勧めする理由

保険診療で使用される金属パラジウムは「一時的な機能回復」という点では悪くない素材です。
ですが、セメントとの接着性、硬さ、アレルギー、プラークの付着しにくさにおいて、圧倒的にオールセラミックが優れます。そしてもちろん、美しさにおいても。
審美面でも、歯と身体への親和性においても優れるセラミックをお勧めします。

 セラミック金属
セメントとの接着性 あり
→歯と一体化し、強度増
なし
→隙間からむし歯が再発
硬さ 天然歯に限りなく近い
→咬み合う歯を傷つけない
硬すぎる
→咬み合う歯を傷つける
アレルギー なし 金属アレルギーのおそれ
プラークの付着しにくさ 付着しにくい
→歯肉炎が起こりにくい
付着しやすい
→歯肉炎、歯周病の原因

CAD/CAM(セレック・プロセラ)の導入

患者さまの口腔内を、3D光学カメラで撮影し、そのデータをもとに理想的な修復物を自動で作製するCAD/CAMシステムを備えた最新装置です。

  • 技工所に依頼する必要がないので、治療期間が短くなる。費用が抑えられる。
  • 高品質セラミックブロックを使用するので、美しい仕上がり。耐久性に優れる。

※当院では、セレックで作製した修復物に、セラミック専門の技工士が色づけ・形状の調整を行います。セレックだけでは再現しきれない自然な色と形にこだわります。

仮歯へのこだわり

修復物ができあがるまでの間、患者さまにはプラスチック製の仮歯を装着していただきます。当院では、一時的とはいえ患者さまのお口に入る仮歯にもこだわります。

  • 咬合器を使用して、良好な咬み合わせを再現。
  • きちんと型取りを行い、見た目にも優れる。

※当院では、適度な摩耗性を持つプラスチックの特性を生かし、患者さまのお口に馴染んだ後の仮歯をモデルにして、最終的な修復物の形をつくります。

ホワイトニング

専用の薬剤を使用し、歯や歯肉を傷つけることなく、白さを取り戻すことができます。

オフィスホワイトニング

通院しながら、院内で行います。

  • 高濃度の薬剤を歯に直接塗布して行うため、1回の処置で効果を実感しやすい
  • 色の後戻りは早い

ホームホワイトニング

ご家庭で、患者さまご自身で行っていただきます。専用のマウスピースに薬剤を入れて装着します。
医院で使用方法・注意点を説明させていただきますので、ご安心ください。

  • 低濃度の薬剤を使用するため、お好みの白さを調節しやすい
  • 色の後退が緩やか

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたものです。もっとも効果を実感しやすく、長持ちします。

side_inq.png